リサイクル活動に貢献しよう

>

ベビーカーなどを引き取ってもらおう

ベビーベッドなどを処分したい

ベビーベッドやベビーカーは、赤ちゃんしか使用しません。
意外と大きいので、保管していると邪魔に感じる可能性が高いです。
不要になったら、不用品回収業者に連絡してください。
子供が大きくなれば、赤ちゃん用の道具が全ていらなくなります。
一気に引き取ってもらうことができるので、連絡する時に伝えてください。
申し込みをしないと、不用品回収業者は自宅に来てくれません。

不用品の大きさや数を伝えることで、必要なスタッフを判断できます。
スムーズに運搬作業を進めるためには、必要なスタッフの数を揃えることが重要です。
スタッフの数が足りないと、運搬作業に時間が掛かってしまいます。
なるべく早く終わらせた方が良いので、的確に伝えましょう。

子供用の学習机などを片づけよう

小学校へ子供が入学する時に、学習机を購入すると思います。
学生のうちはずっと使いますが、子供が大きくなって社会人になったら、学習机の出番はなくなるかもしれません。
机に向かうことがなくなったら、処分しましょう。
自分で行政まで持っていったり、指定された場所に学習机を運ぶのは大変です。
不用品回収業者に連絡して、引き取りに来てもらってください。

学習机は大きいので、部屋のスペースを取ってしまいます。
処分して、代わりに小さな机を買うのがおすすめです。
働くようになれば、そこまで大きな机は必要なくなります。
パソコンを置けるぐらいの大きさがあれば、十分だと思います。
小さい机なら、安価で売っているので購入しやすいです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る