リサイクル活動に貢献しよう

>

何が不用品扱いになるのか

大きな家具でも大丈夫

行政に連絡すると、自分で指定された回収場所まで運ばなくてはいけません。
小さな家具なら簡単に持って行くことができますが、大きなテーブルやタンスだったら運ぶのは難しいですよね。
自回収場所を事前に調べなくてはいけませんが、それも面倒な作業です。
不用品回収業者なら、自宅まで来てくれます。
自分で運ぶ手間を省けるので、家具を処分したい時は頼ってください。

基本的に、トラックに家具を載せて運びます。
トラックに不用品を詰め込む作業は、スタッフが全て担当してくれます。
こちらは、何もしなくて良いので大人しくしていてください。
余計なことをすると、作業の邪魔になってしまいます。
力に自信があったら、手伝えることがないか聞きましょう。

どんな家電でも引き取ってくれる

家電リサイクル法という法律を、みなさんは知っていますか。
その法律に該当する家電を処分する際は、特殊な方法で処分しなければいけません。
行政では、家電リサイクル法に含まれる家電を引き取ってくれないケースがほとんどです。
その点不用品回収業者は、どんな家電でも引き取ってくれます。
どのような方法で処分すれば良いのか分からなかったら、不用品回収業者に全て任せてください。

新しく家電を購入したら、使っていたものはもういらないですよね。
早く処分しましょう。
早めに処分すれば、新しい家電を置くスペースを確保できます。
不用品回収業者に連絡をする時、どのような家電を何個引き取ってほしいのか、具体的に伝えることがコツです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る